【GamerFinger】アケコンのボタンにメカニカルスイッチが使える!?

コントローラ
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はアーケードスティックのボタンをカスタマイズできるGamerFingerを紹介していくよ!メカニカルキーボードと同じスイッチを装着させることでボタンの性能を変更することができ、ユーザーの使用感に合わせたカスタマイズを楽しめるので、更なるプレイのモチベーションアップは間違い無いはず!

この記事では以下についてを解説します
  • GamerFingerについて
  • スイッチの特徴や交換方法

GamerFingerとは?

CHERRY MX製のスイッチを搭載できるアーケードスティック用ボタンで、通称:銀軸と呼ばれるスイッチをデフォルトに搭載しており、三和製やセイミツ製などのボタンとは違った特徴を持っています

CHERRY MX製のスイッチは元々メカニカルキーボード(ゲーミングキーボード)に付けられるスイッチで、様々な色の軸を自分好みに交換して楽しむことができます

特徴
  • CHERRY MX製のスイッチを搭載、他の色の軸に交換可能
  • ボタン自体は静音性が高い設計、スイッチ交換によりストロークや感触、操作音などは自分好みに調整可能
  • ゲームに特化した銀軸をデフォルト搭載

軸とは?

メカニカルキーボードと同じく「茶軸」「赤」「青」「銀」「ピンク」…などなど、様々な色の軸があります。又、GamerFinger用としてではなくメカニカルキーボードで使用しているスイッチが使用できます。

それぞれの軸の特徴は以下になっています。

青軸

しっかり押し込むと入力できるタイプで、誤操作は防げるが連続入力には不向き
また、操作音は大きいので押している感じが強く、シューティングゲームに向いている

茶軸

青軸と赤軸の間ぐらいな力で入力できるバランスタイプ。音も大きくなく瞬間的な動作でも誤操作も起こり辛いので初心者はオススメどのジャンルでも問題なく扱える

赤軸

弱い力で押せるタイプで連続した入力に向いている。素早い操作は誤操作につながるので注意が必要。瞬間的な操作に対応できるので、アクションや格闘ゲームに向いている

銀軸

GamerFingerのボタンのデフォルトで搭載されているスイッチで、入力具合は赤軸に近い。更に、入力時の反応速度は赤軸よりも良く、アクションや格闘ゲームに向いている

ピンク軸

赤軸のような入力ができて静音性が高い。ただし、入力時はクッションが入っているような感覚がある。そのほかの性能は赤軸に近いものとなっている。アクションや格闘ゲームに向いている

カスタマイズのやり方

以下に用意するものは以下にまとめました。

用意するもの
  • 交換用のGamerFingerボタン
  • 交換用のメカニカルスイッチ
  • 細めのマイナスドライバー

ボタンそのものの交換方法はこちらの記事にまとめてあるので参考にしてもらえたらと思います。

スイッチ交換手順

手順は少ないのでとても簡単にできます。補足として、作業にはスイッチをとる為に細めのマイナスドライバーみたいな棒状のようなものがあると便利です。

  1. ボタンの底の中央部分をマイナスドライバーなどの細い棒で押す
  2. 上蓋と内部スイッチが取れるので、変更するスイッチをはめ込む(方向に注意)
  3. 上蓋を中央の柱パーツの溝に合わせて取り付けて作業完了

アーケードスティック本体に取り付けた後であれば、スイッチのみの交換はボタンを外さなくても交換が可能です。

画像の赤丸のところを押し出せばスイッチが外れます。配線を外す必要がないので楽々ですね。

交換してみた感想

スイッチの交換作業自体は簡単ですが、アーケードスティックに取り付けてあると底板を外したりなど、ボタンの裏側にアクセスしなければならないので、交換作業は若干面倒かもしれません。

ですが、「反応速度の上昇」や「自分好みの感触に変更できる」ので交換する価値は十分あるかと思います。アーケードスティックをカスタマイズされている方やこれからされる方で気になった方は、ぜひともお試しいただけたらと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました