【アーケードスティック】アケコン探しの指標に!フレーズに合ったオススメを厳選!

コントローラ
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はアーケードスティック(通称:アケコン)について紹介していくよ。制作会社によって、ゲームセンターにある筐体と同じ仕様だったり、プロが使用する仕様だったり、プレイスタイルによっても選択肢が別れたりするので自分にあったアケコンを選べると良いね。

レバーやボタンの種類

メーカーによりレバーやボタンの使用感、性能に差があったりします。
この差はゲームプレイの精度に非常に大切な要素となるの為、プレイするゲームに合わせて使い分けるべきレベルです。

三和製かセイミツ製についてはこちらの記事にまとめてあるので、是非参考にしてください。

また、ボタンのカスタマイズ性を高めるGamerFinger製のボタンもあります。
こちらにつきましてはまとめた記事が別にありますので、気になった方はこちらもご覧ください。

プレイスタイルやフレーズによる選択肢

ゲームプレイされる方の環境は、人それぞれで様々だと思います。

例えば、

  • とりあえず触ってみたいと思っている方
  • テーブルが無いので膝上にのせてプレイされる方
  • テーブル上でプレイされる方
  • よく持ち運びをされる方
  • 夜遅くプレイされる方

こんな感じかと思います。

自分の環境にあったものを選定基準とするのもと良いかと思います。

膝上でのプレイ

膝上でのプレイを良くする方であれば、膝上での安定性か重量にポイントをおくことかと思います。

膝上でのプレイの注意点
  • 大きい本体だと固定しやすいが、重量がかかるので長時間プレイがし辛い
  • 軽量なので長時間プレイに対応しているが、操作時に本体が動きやすくプレイし辛い

「安定性」「重量」どちらをとるか、バランスの良いものを選べると良いと思います。
膝上でのプレイにオススメなアーケードスティックをご紹介します。

Mayflash ジョイスティック F500

本体の大きさは膝に置いても「少し大きい」か「丁度良い」ぐらいの幅で、重量も2.98kgと3kg近くあるので人によっては重いと感じてしまうかもしれません。PCやPS4だけでなく、XBOXやネオジオミニなどの様々なプラットフォームにも対応しており、この一台あればことが足りてしまいます。

特徴
  • 対応プラットフォームが豊富(PC/PS系/XBOX系/アンドロイド/スイッチ/ネオジオミニ)
  • 膝上では丁度良いサイズ感
  • 重量は3kg近くあるので人によっては重いかも(机上での使い道もあり)
  • レバー、ボタンは三和電子製の為、カスタマイズ可能

CYBER ・ アーケードスティック

対応プラットフォームはPS4/スイッチとなっていますが、メガドライブミニにも対応しています。本体の大きさも膝上に丁度良いぐらいものとなっており、重量も1.2kgと軽めです。又、天板を変更することも可能となっており、カスタマイズ性が高いのも特徴的です。

特徴
  • 対応プラットフォーム:PS4/スイッチ/メガドライブミニ など
  • 本体の大きさは膝上で丁度良い程度
  • 重量は1.2kgと軽め
  • 天板のシートを取り外して交換することが可能(サイトからDLしてカスタマイズできる)
  • レバー、ボタンはオリジナルタイプ

ファイティングスティック for PlayStation®4/PlayStation®3/PC

ファイティングスティックは古くから登場しているシリーズになります。対応プラットフォームはPS系とPCになりますが、本体の大きさは膝上に丁度良いサイズ感と重量1.5kgと軽めのスペックとなっています。又、ケーブル収納が付いており意外と便利。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • 本体の大きさは膝上でも丁度良いサイズ
  • 重量は1.5kgと軽め
  • ケーブル収納スペースあり
  • レバー、ボタンはオリジナルタイプ

Qanba Drone クァンバ ドローン アーケード ジョイスティック

レバーやボタンのカスタマイズが簡単にできるのが特徴的です。重量も軽く、本体も大きくはないので収納しやすいのも利点だと思います。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • 本体の大きさは膝上だと丁度良いぐらい
  • 重量は1.25kgと比較的軽め
  • レバーやボタンはオリジナルタイプ

机上でのプレイ

机の上でゲームセンターと同じような感覚でプレイをする方であれば、滑り止めや重量にポイントをおくことがオススメかと思います。メーカーや製品によって、滑り止めや重量は様々なので要チェックしてもらえればと思います。

机上プレイでの注意点
  • 軽い本体や滑り止めが強くないと、操作中にアケコン本体が動いてしまう為、プレイし辛い
  • 机自体も軽かったりすると机自体が動いてしまう為、プレイし辛い

こちらも重量タイプや動かないような滑り止めが搭載されているものが良いと思います。
机上でのプレイにオススメなアーケードスティックはこちらになります。

リアルアーケードPro.N HAYABUSA

レバーは隼レバーと呼ばれるものを採用しており、イメージとしてはセイミツ製に近い感覚になります。ボタンもHAYABUSA専用のボタンで押下時のレスポンスに優れています。操作中の移動防止の設計がされていて「サイズ」「重量」「滑り止め」と全てにおいて安定性はかなり高いです。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • ヘッドセット用ジャックがあるのでPS4のボイスチャットではコントローラが不要
  • 大きめの本体と重量が2.9kgと重め、底に滑り止めがある
  • レバーはセイミツ製に近い感覚のオリジナルタイプ
  • ボタンもHAYABUSA専用のボタンで押下時のレスポンスに優れる

Qanba Obsidian Joystick クアンバ オブシディアン ジョイスティック

三和製のレバー、ボタンを採用しており、ゲームセンターに近い感覚でプレイが可能です。又、移動防止の設計も優秀で、リアルアーケードProと同じかそれ以上の安定性があるスティックです。メタリックなボディカラーと形状が魅力的です。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • ヘッドセット用のジャック付きなのでPS4でのボイスチャットにコントローラ不要
  • 本体は大きめのサイズ、重量は3kgと重め、滑り止めも搭載
  • レバー、ボタンは三和製を採用

PXN アーケードコントローラーPro

対応プラットフォームが豊富です。本体の大きくずっしり感があり、重量は3.3kgと重いスペックとなっています。又、メンテナンス性が高く、スイッチ一つで本体の中身を確認&メンテナンスができるが特徴的です。

特徴
  • 対応プラットフォームが豊富(PS系/XBOX系/スイッチ/Android/IOS)
  • 本体は大きくずっしり感があり、重量は3.3kgと重め
  • メンテナンス性が良く、開閉スイッチで中身の確認&メンテナンスが容易に行える
  • レバー、ボタンは三和製を採用

コンパクトタイプ

よくプレイする場所を変えたり、自宅だけでなく知人宅でローカルプレイなど、持ち運ぶ回数が多い方はコンパクトタイプを選択肢に入れることをオススメします。

またコストパフォーマンスにも優れていて、中でも手軽に購入しやすいという利点があります。

コンパクトタイプの注意点
  • 軽量なので本体自体が小さい為、操作中の本体が動きやすい
  • レバー、ボタンはほとんどのものがオリジナルタイプで、カスタマイズ性が弱い

ファイティングスティックmini

PS系やPCでの使用が可能で、本体は小型で軽量タイプとなっています。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • 本体の大きさが小さく、軽量なので持ち運びがしやすい
  • レバー、ボタンはHORI製オリジナルタイプ

Sunny ゲームスティック

本体の重量がなんと770gと1kg以下となっており、持ち運びには大変便利です。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/XBOX系/スイッチ/PC/Android
  • 本体が小さく、770gという超軽量

PXN PXN-0082 アーケードコントローラー

こちらも対応プラットフォームが豊富です。値段の割にTURBO機能やマクロ機能が実装されており、コストパフォーマンスに優れています。アーケードスティック初心者の方の入門としてオススメの一品となっています。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/XBOX系/スイッチ/PC/Android
  • 低重心で底に滑り止めがあるので、本体の移動防止に役立つ
  • 本体サイズも小さく、720gと超軽量
  • レバー、ボタンはオリジナルタイプ

静音タイプ

壁の薄いアパート暮らしで夜遅くのプレイ、または同居人が寝ている間に遊びたいケースなどに役立つ静音タイプもあります。こちらの特徴は以下を参考にして頂けたらと思います。

静音タイプの特徴
  • スティック、ボタン共に静音設計がされており、「カチカチ」や「パチッ」はしない
    又、完全に音がしないわけではない(若干のプラスチック音はあります)
  • 今まで音で慣れていた方は、慣れるまで若干感覚に違和感がある(各個人による)
  • 通常の製品よりも高価な設定となっている

静音仕様となっているアーケードスティックがありますのでご紹介します。

リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA

リアルアーケードPro.Vの静音設計バージョンとなります。お値段は張りますが、それだけの性能と機能を持っています。レバーとボタンに静音設計が施されており、操作音はかなり控えめになっています。

特徴
  • 対応プラットフォームはPS系/PC
  • 本体は大きめのサイズで重量も3kgと重め、底に滑り止めが搭載
  • ヘッドフォンジャックを搭載しているので、PS4でのボイスチャットにコントローラ不要
  • レバーは隼レバー(セイミツ製に近い感覚)、ボタンはHORIオリジナル
    ちらも三和製、セイミツ製にカスタマイズ可能

実は静音設計が施されているレバー、ボタンはパーツ単体でも購入できます。本体そのものを購入せずに自分のアケコンをカスタマイズするのも一つの手ですね。

プレイする環境よりも操作性を求める選択肢

「自分の思うように動作させられることが第一」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方は、是非こちらの記事を参考にしてもらえたらと思います!

アーケードスティック探しのまとめ

いかがでしたか?

様々なフレーズでオススメするアーケードスティックをご紹介させて頂きました。イメージが少しでも湧いてもらえたら幸いです。

又、購入される際は、自分の使用するフレーズにあったものが良いのはもちろんですができるだけカスタマイズ可能なタイプをオススメします部分的な故障ゲームとの相性が悪いからアーケードスティックを買い直しをする、といったことが起こってしまうと費用も高くついてしまいます。パーツ交換だけで済ませられると費用も安く抑えられますのでオススメです。

それでは、アーケードスティックで楽しいゲームライフをエンジョイしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました