作業を捗らせるヘッドホンを紹介&まとめてみた

ヘッドフォン
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はヘッドホンについてまとめてみたよ。「音楽を聴く」というのは日常では良くあるよね。何かの作業中やゲーム中など、作業を捗らせる為にも重宝するアイテムだと筆者は思っているよそれぞれの性能やコスパなども含めた特徴をまとめていくよ

この記事ではこんなことを紹介していくよ!
  • イヤホンとヘッドフォンの特徴と違いについて
  • 有線、無線など様々な種類のヘッドホンについて
  • 使用するフレーズに合ったヘッドホンについて

ヘッドホンとイヤホンとで比べた特徴と差異

イヤホンタイプヘッドホンタイプとでどちらが良いか、というと使用する人によりけりな所が多いと思われます。特徴と注意点がありますので、それぞれで比較してもらえればと思います。

ヘッドホンとイヤホンの比較
  • 本体の大きさ
  • 耳への装着
  • 音が聞こえる性質の違い、ヘッドホンは全体的に迫力があるイヤホンは部分的に聞き取りやすい

ヘッドホンタイプ
特徴
  • 耳全体を覆うタイプで、迫力のあるサウンドが聴ける
  • イヤホンよりも臨場感がある
  • 本体が大きい
注意点
  • 本体が大きいので髪型に影響を与えてしまう、また本体が目立ちやすい
  • 頭に装着する際に個人個人の大きさにあわせて調整する必要がある
  • 大きい音だと音漏れしやすい
  • 運動には不向き(激しい運動は外れてしまうこともある為)

イヤホンタイプ
特徴とメリット
  • 本体が小さいので持ち運びしやすい
  • 耳にピッタリ嵌め込むタイプ(カナル型)と添えるように耳につけるタイプ(インナー型)がある
  • 動きやすいので聴きながら運動も可能

注意点
  • イヤホンカバーが無いと聞けない(カナル型限定)
    (カバーの付け根が緩かったりすると取り出した時にすっぽり抜ける時がある)
  • インナー型はしっかりと装着ではなく、添えるような感じなので外れやすい

有線タイプと無線タイプ

有線タイプ無線タイプでそれぞれ特徴は以下のようにまとめてみました。

有線タイプ

有線タイプの特徴
  • 出力遅延が無い
  • 電池切れが無いので長時間使用可能
  • 入力端子が必要
  • コードがあるので、断線や持ち運びがし辛い

バッテリー切れの心配はいらず、出力遅延もないので確実なタイミングで聴くことができるのが強みです。ゲームプレイやライブ配信など、リアルタイムで遅延があってはならない場合に向いています。

無線タイプ(USB、bluetooth)

無線タイプの特徴
  • 受信機があれば、入力端子がなくても使用可能
  • 離れた場所でも使用可能
  • バッテリーが続く限り使用可能
  • コードが無いので、持ち運びがしやすい

最近のスマホやタブレットなどの機器にはbluetooth搭載は搭載されているものが多いので受信機なしで使用できる場合が多いと思います。コードレスなので持ち運びがしやすく、装着中の煩わしさも無いのが強みとなります。移動での使用が多い、コードが気になる方には無線タイプをおすすめします。

使用する具体的な場面

家でのリラックス中に音楽を聴く時や、コンシューマ機やスマホと言ったゲームやアプリの音楽を聴く場面など、様々なところで使用すると思います。

使用する場面まとめ
  • 家でリラックスしている時などに使用
  • 通勤、通学などの外出中に使用
  • ゲーミングヘッドホンとしての使用

音楽を聴くことが中心の場合

家でリラックスする時などでの使用する場合は、高音質対応のヘッドホンがオススメです。音楽全体を拾うことができるので、ダイナミックで迫力のある音楽観賞が可能です。

音質にこだわりがある方へのオススメ一覧
特徴
  • 有線タイプ、6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 高性能50mm径のドライバーを搭載、自然で伸びやかな中高域や力強い低音も楽しめる
  • 柔軟性と通気性に優れ、密閉度も遮音性も高く長時間の使用にも対応
  • 折りたたみ式なので持ち運びの際に便利(専用ポーチあり)

特徴
  • 有線タイプ、6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 音の位置やバランスが把握しやすく、空間表現に優れている
  • 低音から高音まで、とてもクリアなサウンドを楽しむことが可能
  • 優れた装着感と遮音性による音漏れ防止性能は優秀
  • 折りたたみ式なので持ち運びの際に便利

特徴
  • 無線タイプbluetooth接続でバージョンは5.0に対応
  • 圧迫感のない抜群のフィット感保温性と通気性を両立させた高性能ヘッドホン
  • ノイズキャンセリング機能で音漏れを低減し、迫力のあるサウンドを楽しめる
  • 急速充電機能が優秀(5分間の充電で3時間の連続使用が可能、最大31時間使用可能)
  • 充電はUSB-C、充電しながらbluetoothでの接続をすることで使用も可能

特徴
  • 「有線」「無線」どちらも可能なタイプbluetooth接続でバージョンは5.0に対応
    有線は3.5mmジャックの接続
  • ノイズキャンセリング機能でより静かに音楽を楽しめる
  • ノイズキャンセリング機能付きマイクも搭載しており、クリアな会話が可能
  • 低音や高音とバランスよく、解像度の高いサウンドが聴ける
  • 充電はMicro-USBを使用する

通勤、通学などの外出時に使用

通学や通勤中などの外出中に使用する方もいるかと思います。持ち運びが便利な無線タイプがオススメです。

注意点の一つとして、ヘッドホンは耳を密閉して聴くことができるので全体的な音を拾える為、没入感がありますが周囲の音を気にできなくなる欠点があります。

また、音量によっては音漏れも起こり得るので注意が必要です。

持ち運びに優秀なヘッドホンのオススメ一覧
特徴
  • 無線タイプbluetooth接続でバージョンは5.0に対応
  • 圧迫感のない抜群のフィット感保温性と通気性を両立させた高性能ヘッドホン
  • ノイズキャンセリング機能で音漏れを低減し、迫力のあるサウンドを楽しめる
  • 急速充電機能が優秀(5分間の充電で3時間の連続使用が可能、最大31時間使用可能)
  • 充電はUSB-C、充電しながらbluetoothでの接続をすることで使用も可能

特徴
  • 無線タイプbluetooth接続
  • 軽量ボディで長時間装着していても疲れづらくコンパクトなので持ち運びにも便利
  • 急速充電機能あり(10分充電で90分)、満充電時で35時間の連続使用が可能
  • 充電はUSB-Cケーブルを使用

特徴
  • 無線タイプbluetooth接続でバージョン5.0に対応
    AUXケーブルが接続できるので有線接続も可能(PCやゲーム機、スマホなど)
  • 低音を増幅させるスイッチがあり、迫力のあるサウンドが聴ける
  • 満充電時は最大60時間の連続使用が可能
  • 急速充電機能がかなり優秀(5分で5時間の連続使用が可能)
  • 充電はUSB-Cケーブル

ゲームプレイでの使用(ゲーミングヘッドセット)

コンシューマゲーム機やスマホ、タブレットの性能が向上している現在では、どの機器でも迫力なサウンドを楽しむことができます。作品によりけりではありますが、スマホのアプリゲームも負けず劣らないほどのサウンドクオリティなものが増えてきているのでヘッドホンを使用するのをオススメします。

また、ヘッドホンの性能によってはゲーム内の細かな音まで聞き取ることができるのでゲームプレイで使用される方は高音質なものがおすすめです。※例えば「敵の足音で位置を把握する」など

ヘッドセットを選ぶ上で注意する点
  • 迫力なサウンドを聴くのであれば性能重視がオススメ
  • 接続形式は有線タイプと無線タイプどちらも良く、自分の好みで選べる
    • 有線:音ズレやバッテリーの心配はいらないので長時間のプレイに最適
    • 無線:離れた所や持ち運びに便利

また、ゲーミングヘッドホンはオンラインで他のユーザーとのコミュニケーションをする為にマイクが搭載されているものが多く、ゲーミングヘッドセットと呼ばれるものがほとんどです。

ゲーミングヘッドセットは、マイクを収納したり着脱が可能なものが多いのでヘッドホンとして使うことも出来ます

別の記事でまとめていますので、気になった方は以下のリンクからどうぞ

ヘッドホンの選び方まとめ

いかがでしたか?

今回はヘッドホンについてまとめてみました。「有線」「無線」から始まり、ヘッドホンの特徴が使用用途に合った選択ができれば一番だと思います。また、端末によっては「有線しか使えない」「無線でしか使えない」などがあるので、それぞれの端末に使用するものとして揃えるのも良いかもしれません。性能が良いに越した事は無いですが、デザイン製も豊富なので探すのに重視するものを明確にすると探しやすくなるかもしれません。すばらしいヘッドホンに出会えますように。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました