【マキオン】 レイダーガンダム 黒斗の戦闘記録 ~ 機体対策 ~ ガンダムDX

EXVS
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はPS4版「機動戦士ガンダム マキシブーストオン」のガンダムDX(以下:ダブルエックス)の機体対策について話していくよ!アシストを使った弾幕形成やダブルサテライトキャノンによる広範囲&高ダメージが強力!

この記事ではこんなことがわかる!
  • ガンダムDXの注意すべき武装について
  • レイダーガンダムでの立ち回る方法や意識の持ち方について

ガンダムDXとは

通常のビームライフルや豊富なアシストだけでなく、高威力のツインサテライトキャノンを搭載しています。武装は近 ~ 中距離で戦える武装がほとんどとなっていますが、機動力も遅くなく僚機と足並みを揃えて戦うことが可能となっています。

スペック一覧
  • 耐久値:700
  • BD速度:3000コスト並程度
  • 兵装:
    • 実弾、ビーム兵器、アシスト
      (単発よろけ、強制ダウン、スタン)
    • 変形あり
  • テクニックなど:
    • 降りテクあり(アシストメインキャンセル)
武装一覧
  • MS形態
    • メイン射撃:DX専用バスターライフル
    • レバーNサブ射撃:レオパルドデストロイ 呼出
    • レバー入れサブ射撃:エアマスターバースト 呼出
    • 特殊射撃:ツインサテライトキャノン
    • 特殊格闘:Gビット 呼出
    • 射撃CS:ハイパービームソード【投擲】
    • 格闘CS:無し
    • 格闘:ハイパービームソードによる攻撃など
  • MA形態
    • メイン射撃:拡散ビーム砲
    • 格闘:赤外線ホーミングミサイル

更に詳しいガンダムDXの情報はこちらへ!

要注意武装

豊富なアシストは優秀なものが揃っていたり、ツインサテライトキャノンは覚醒中で性能が変わるなど、強力な武装を持っています。

特に重要な武装について、それぞれの特徴と対処方法を解説していきます。

サブ射撃:レオパルドデストロイ / エアマスターバースト 呼出

レバー入力によって呼び出すアシストを変えることができます。どちらも射撃を行いますが、性能や性質が全然違います。弾数は共有で、リロード:6秒と短め。

リロード時間中を狙いたいが、時間が短めなのを忘れずに!

レオパルドデストロイ

出現後にミサイルを発射します。発生と弾速が早くので着地取りや慣性移動にも刺さりやすい。

特徴
  • ダブルエックスの右方向に出現
  • 発生、弾速ともに優秀
  • 判定が若干大きめ
  • レバー入れサブ射撃、特殊格闘へキャンセル可能

レイダーガンダムでの対策
  • レオパルドは迎撃や着地に合わせて使ってくる事が多いので、垂直に移動して回避すること

エアマスターバースト

ビームライフルを3発連射します。レバー方向によってエアマスターバーストの進行方向が変わり、回り込むように動きます。

特徴
  • ダブルエックスの中央に出現
  • 3連射しながら左右どちらかに移動
  • 銃口補正は1発目のみかかる
  • シールド防御は固められてしまうので注意!
レイダーガンダムでの対策
  • エアマスター バーストはステップや慣性移動で回避すること

特殊射撃:ダブルサテライトキャノン

両肩に搭載されたキャノン砲から巨大なビームを照射します。通常状態と覚醒中では性能が変わり、覚醒技とも違う性能なのでそれぞれを理解しておくと対処しやすいと思います。

リロード時間は18秒 / 1発、装填数は2発となっています。
また、最初に被弾した場所に爆風を生成します。

ダブルサテライトキャノンはレイダーガンダムの後格闘では防げません。防ぐ場合は、必ずシールド防御を使いましょう。

通常時

動作中は全く動かないので被弾させられる可能性があります。覚醒中とは違い、ビームの太さが若干小さいです。

特徴
  • 動作中は完成に乗らない
  • 発射まで隙がある
  • 多段ヒット、かすりヒットでない限り強制ダウン
  • ダメージは286

覚醒中

通常時とは違い、Gファルコンを装備して発射します。発射までの間にスーパーアーマーが付与されるので強引な使い方が可能です。

ダメージも底上げされているので被弾しないように注意したいところ。

特徴
  • 動作中は慣性に乗らない
  • 発射まで隙があるが、スーパーアーマーが付く
  • 通常時よりビームが大きくなる
  • ダメージは約320 ~ 340程(覚醒による)

注意!

S覚醒であればダメージとリロード速度が早くなるので回転率が上がります。懐に入り込んでからのダブルサテライトキャノンのゴリ押しが強力

レイダーガンダムでの対策
  • レイダーガンダムの後格闘では防げません(爆風は防げない為)
  • 銃口補正が強いのでステップやシールド防御を推奨
    (近距離だと慣性移動では回避できず、ステップでも範囲にやられてしまう可能性あり)
  • レイダーガンダムのサブ射撃で強制ダウンさせるのは有効
    (オススメはサブ射撃 → シールド防御)

特殊格闘:Gビット 呼び出し

ダブルエックスの両サイドに召喚され、メイン射撃と連動したり特殊格闘でビームを発射します。

弾幕形成の要というだけでなく、落下動作が可能なので展開中は着地ずらしも使えることを覚えておくと良いでしょう。

特徴
  • Gビットの耐久値が200程度あるのでかなり頑丈
  • メイン射撃、サブ射撃にキャンセル可能
  • 振り向きメイン射撃や射撃CSからキャンセルして出すと落下可能
  • Gビットの攻撃はダメージは30程度
  • リロード時間は15秒(クールタイムが無い)

展開中にメイン射撃と射撃CSで落下ができ、振り向きメイン射撃から特殊格闘でも落下が可能です。

展開中であれば迎撃しつつ落下が可能なので着地のタイミングに注意しましょう。

レイダーガンダムでの対策
  • アシスト展開中は迎撃性能と弾幕性能が上昇するので深追いしないようにすること
  • アシストは耐久値が高いのでレイダーガンダムの特殊射撃で貫通させると良い
    (メイン射撃やサブ射撃では防がれる可能性がある)

変形格闘:赤外線ホーミングミサイル

誘導性能が強いミサイルを複数弾発射します。変形射撃なので動きを止めずに発射でき、移動方向に向けて発射できるので慣性移動では被弾してしまうことがあります。

ヒット後も打ち上げダウンなので、空中で被弾した場合は追撃も可能でダメージが伸びます。

特徴
  • 弾数2発、リロード時間:3秒
  • 誘導が強いので着地取り、慣性移動にも刺さりやすい
  • ヒット後は半回転ダウンとなり、追撃される可能性がある
    (あたり方によって安定はしない)
  • 爆風は無し
  • ダメージは35 ~ 159程度とヒット数によって変化する

甘い着地や慣性移動では被弾してしまう可能性が高いです。被弾しないようにシールド防御を推奨。

レイダーガンダムでの対策
  • 慣性移動では避けられない可能性があるのでシールド防御を推奨
    (爆風が無い&ダブルエックスが変形しているので固めづらい)
  • 高飛びはしないこと
  • レイダーガンダムの後格闘で防ぎつつ移動するのも有効

格闘:特殊格闘派生

N格闘、前格闘、横格闘の最終弾以外から特殊格闘派生につながります。攻撃中は動かないのでカット耐性は低いものの、総ダメージがかなり高い。迎撃として格闘を振り返され、大ダメージを受ける可能性があるので注意しましょう。

特徴
  • 攻撃動作中は動かないのでカット耐性は低い
  • 攻撃終了までの時間は短めでダメージは高い
  • 特殊格闘派生を含めた総ダメージは約280前後になりやすい

レイダーガンダムでの対策
  • 以下のような場面では格闘を警戒すること
    • 近距離で自分が追い込んでいる時
    • ダブルエックスが攻め込んできた時
  • ダブルエックスの格闘は強くは無いので、レイダーガンダムの特殊格闘や後格闘で迎撃or潰すのも有効

強力な行動と対策方法 まとめ

ガンダムDXの強行動リストを一覧化すると、

  • ビームライフルやアシスト、ビームジャベリンを使った弾幕形成
  • ダブルサテライトキャノンを使った連携
  • 強誘導の赤外線ホーミングミサイルで牽制射撃
  • 格闘の攻撃力を生かした振り返しや攻め込み

ビームライフルのような標準武装と複数種類のアシストを使って近距離を行い、銃口補正の強いダブルサテライトキャノンで慣性移動や着地取りを行う立ち回りが強力です。

弾幕形成への対策

対策ポイント

ダブルエックスがMS形態の場合は弾幕形成が可能ですが、誘導が強いわけではないので慣性移動でまとめて避けること。シールド防御は、ダブルエックスとの距離によっては固められてしまう危険性があるので、防ぐよりも避けた方が無難です。

ダブルサテライトキャノンへの対策

対策ポイント

通常時は距離があれば慣性移動で避けましょう。スーパーアーマーも付かないので発射前に怯ませることも出来るので牽制射撃でも対策はできます。

ただし、ダブルエックスの覚醒中は警戒優先度を上げること。
「弾幕形成 + ダブルサテライトキャノン」「ダブルサテライトキャノン2発 + 覚醒技」といったゴリ押しをされる可能性が非常に高くなり、一度の攻撃で高ダメージを受けてしまいます。

ダブルサテライトキャノンはレイダーガンダムの後格闘では防げないので、必ずシールド防御で防ぎましょう。

強誘導の赤外線ホーミングミサイルで牽制射撃

対策ポイント

中距離での牽制射撃として使われることが多く、上下への誘導が強いので高飛びや慣性移動では避けずにシールド防御が安定します。

赤外線ホーミングミサイルは爆風が無いので被弾することが殆どなく、ダブルエックスは変形中なので固めることもできない為、避けるよりも防ぐことが有効となります。

格闘への対策

対策ポイント

ダブルエックスの特殊格闘派生は高ダメージなので、一度の格闘攻撃を許してしまうと一気に不利になる可能性があります

近距離戦では格闘での振り返しに警戒しましょう。振り返しにはメイン射撃で止めるほか、レイダーガンダムの特殊格闘や後格闘で潰すことも有効となります。

攻撃タイミングはどこ?

豊富なアシストによる弾幕形成や高火力なダブルサテライトキャノンを使った立ち回りをしてきますが、足回りが良いわけでは無いのが弱点です。

攻撃タイミングは大まかに、

  • 着地取り
  • ダブルサテライトキャノンは足が止まる
  • 格闘への迎撃

といったところになるかと思います。

レイダーガンダムのサブ射撃や特殊射撃は、使い所を間違えなければかなり有利に立ち回れます。

  • サブ射撃
    • 強制ダウンを取れるので、スーパーアーマーに対して有効
    • アシストに当たると消えてしまう、発射までが遅いので潰される可能性もある
    • 弾が有限
  • 特殊射撃
    • アシストを展開されていても貫通してダメージを与えられる
    • 強制ダウンが取れないのでスーパーアーマーには使えない
    • 射程に限界がある

それぞれの役割を状況に応じて使い分けられると良いかと思います。

攻撃タイミングのポイント
  • ダブルエックスのアシストが展開されている場合
    • メイン射撃で牽制射撃、特殊射撃で着地取りや硬直に差し込む
    • サブ射撃は温存した方が良い
  • ダブルエックスが覚醒した場合
    • ダブルサテライトキャノンにはサブ射撃を使うか、シールド防御で防ぐ
    • メイン射撃、特殊射撃の使用を控える
  • ダブルエックスと近距離戦になった時
    • レイダーガンダムのメイン射撃で牽制射撃をしつつ、着地には特殊射撃で差し込む
    • ダブルエックスの格闘にはレイダーガンダムの特殊格闘や後格闘で迎撃
    • レイダーガンダムの後格闘は格闘や射撃を防ぐので近距離では出し特になる
      (ダブルサテライトキャノンは防げないので、その場合は素直にシールド防御を!)

ガンダムDX まとめ

今回はガンダムDXの対策について解説しました。覚醒中のダブルサテライトキャノンを使ったゴリ押しが非常に強力で戦況を一気に変えてしまう怖い機体ですね。レイダーガンダムの後格闘でも防ぐことができないのでシールド防御が必須となる相手です。高威力の格闘派生があるので、状況を一変させない為にも警戒しておくことが重要ですね。

とはいえ、強誘導な攻撃は変形時の赤外線ホーミングミサイル以外持っていないので、MS形態であればアシストを展開されていても近距離戦では無理なく戦えるはず。コスト差による機体性能はありますが、対処ができない程ではないので着地や硬直を狙ったり、迎撃をしっかりとできれば勝機は十分にあると思います。

くれぐれも覚醒中には気をつけましょう!

それでは!健闘を祈ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました