【マキオン】 レイダーガンダム 黒斗の戦闘記録 ~ 機体対策 ~ ターンX

EXVS
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はPS4版「機動戦士ガンダム マキシブーストオン」のターンXの機体対策について解説していくよ!当たり判定が小さくなる分離攻撃や高速移動や高ダメージが狙えるシャイニングフィンガーといった個性の強い武装をもつ、近距離での牽制攻撃に特化した相手だね。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

ビーム兵器やバズーカを持っていて射撃戦も十分戦えるし、降りテクを使った着地ずらしも強力ね。この機体特有の武装【分離攻撃】は攻守ともに優秀な武装よ。特徴を抑えておくと良いかも。

黒斗の実績

階級はシャッフルチーム固定共に大元帥 ☆1】となっています。どちらもレイダーガンダムのみを使用して達成しています。

この記事ではこんなことがわかる!
  • ターンXの注意すべき武装について
  • レイダーガンダムでの立ち回る方法や意識の持ち方について

ターンXとは

射撃武装も多く、格闘も強力なものを備えている3000コストの万能機です。特殊格闘のシャイニングフィンガーは「特殊移動 + 格闘攻撃」となっており、レバー入力に応じて移動方向を変化させ、強判定の格闘攻撃を押しつけます。

更に射撃武装も申し分はなく、移動撃ちが可能なビーム兵器(溶断破砕マニピュレーター)やバズーカといった武装とビームライフルによる照射攻撃、体を分離させて攻撃を行う分離攻撃といった武装を備えており、近 ~ 中距離で戦うことが可能です。

また、バズーカは発射時に自機が落下するので降りテクとして機能します。特殊移動と合わせることで急速移動と着地が可能となっている為、着地ずらしも容易にできる機体となっています。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

分離攻撃は初段を被弾してしまうと連続ダメージを受けてしまうよ。分離中はターンX自身の当たり判定が小さくなるから、僚機からの攻撃も避けながら攻撃ができてしまうよ。

スペック一覧
  • 耐久値:680
  • BD速度:3000コストの並程度
  • 兵装:
    • 実弾、ビーム兵器、アンカー
      (単発よろけ、強制ダウン)
  • テクニックなど:
    • 特定の状態でのみ、降りテクあり(サブ射撃 → メインキャンセル)
武装一覧
  • メイン射撃:溶断破砕マニピュレーター
  • サブ射撃1:バズーカ
  • サブ射撃2:ビームライフル【照射】
  • レバーN特殊射撃:分離攻撃【一斉射撃】
  • レバー入れ特殊射撃:分離攻撃【オールレンジ攻撃】
  • 特殊格闘:シャイニングフィンガー
  • 射撃CS:脚部メガ粒子砲
  • 格闘CS:武装切替
  • 後格闘:ワイヤークロー
  • 格闘:ビームサーベルによる攻撃など

更に詳しいターンXの情報はこちら

要注意武装について

横幅に広い判定を持つ脚部メガ粒子砲や分離攻撃など、ターンXの武装は近距離戦では強力な武装が豊富となっており、接近戦を仕掛ける際は注意しなければなりません。それらの特徴を知り、対策を取れる状態にしておくことが重要です。

また、足を止めずに撃てるバズーカがあるので素早い着地も可能としており、バズーカを避けながら攻撃をしなければなりません。

射撃CS:脚部メガ粒子砲

足を止めて少し溜めて、横一列に2本のビームを発射します。ビームが太く、横への範囲が広いので着地を狙われてしまうと回避が間に合わないことがあったり、近距離では横移動に刺さることもあります。

直撃すると強制ダウンとなってしまうのでダウンを取る能力は高く、片追いの状況を作られやすいのでしっかりと対策をして被弾を抑えましょう。

特徴
  • 足を止めて2本のビームを横一列に発射
  • チャージ時間は2秒
  • 銃口補正が強い
  • 上下への誘導性能が高く、着地に刺さりやすい
  • ダメージは130
  • 直撃で強制ダウン
  • 特殊射撃、特殊格闘へキャンセル可能

チャージ中はサブ射撃や特殊射撃の入力ができないので、使用するタイミングが存在します。特に起き攻めの初動に使われることが多く、回避ができないと連続でダウンを奪われてしまうことも

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

着地にも刺さりやすいけど、上昇中も引っかかることがあるよ。こちらが高飛びで逃げているような場合はステップを織り混ぜたりしてやり過ごすこと!

レイダーガンダムでの対策
  • 移動で回避する場合は大きく移動すること
    慣性移動では軸さえ合ってしまうと引っかかることがあります。ステップで回避する場合も大きく移動してやり過ごすこと。MA形態での移動は厳禁、必ず変形特殊格闘で回避すること。
  • レイダーガンダムの後格闘で防ぎ、接近戦を持ち込む機会にする
    防ぐ場合はシールド防御も可能だが、慣性移動と射撃シールドを持つ後格闘を使って防ぎながら接近も可能。懐に攻め込むチャンスとなるので起き攻めを受けそうなら狙う価値は十分ある。

サブ射撃:バズーカ / ビームライフル【照射】

格闘CSの武装切替によって使用する武装が切り替わります。バズーカは足を止めずに発射可能で攻守共に優秀な武装です。ビームライフルはダメージが高く、瞬間ダメージは高いです。

バズーカはターンXの足回りを支える重要な武装となっており、攻撃だけでなく着地ずらしにも使用されます。空撃ちでもモーションを出して落下できるので、実質いつでも落下可能な武装です。

バズーカ

被弾した場所に爆風を発生させるので被弾してしまうと打ち上げダウンとなります。バズーカ自体は他の機体に備わっているものとそこまで大差はなく、ダメージや誘導性能は汎用的なレベルとなっています。

特徴
  • 移動しながら攻撃が可能
  • 被弾場所に爆風を発生させる
  • ダメージは90
  • 被弾すると打ち上げダウン
  • メイン射撃からキャンセル可能
  • 特殊射撃、特殊格闘へキャンセル可能

振り向き撃ちメイン射撃からこの武装でキャンセルすると落下しながら発射します。弾切れでも落下が可能なのでどのタイミングでも着地ずらしが可能であることを忘れずに。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

爆風を発生させるから被弾した場所によっては防御できずに捲られてしまうことも…可能な限り移動での回避をしたほうが良さそうね。

レイダーガンダムでの対策
  • 基本的に慣性移動で回避し、バズーカをマシンガンで破壊するのも手
    近距離戦では牽制射撃でバズーカ自体を破壊することも可能。メイン射撃で弾幕を作っておくとバズーカを誘爆させられる可能性があるので覚えておくこと。
  • シールド防御やレイダーガンダムの後格闘では防げないことを忘れずに
    爆風を発生させるので捲られる可能性が高い。後格闘は範囲が広いので誘爆をしてしまうこともあるので近距離戦では注意が必要。

ビームライフル【照射】

足を止めてビームを照射します。直撃してしまうと大ダメージを受けてしまうので、可能な限り被弾を避けるようにしましょう。横への銃口補正が弱いので慣性移動やその着地でも刺さらないことがあります。

特徴
  • 足をとめて照射ビームを発射
  • 装填数は1発、リロード時間は9秒
  • ダメージは190程度
  • 銃口補正は横に弱く、上下には強い

サブ射撃は「切り替えた武装を使う」仕様で、バズーカかビームライフル【照射】のどちらか一方のみを使用することになります。ターンXの射撃武装にしてはまとまったダメージを出せますが、バズーカ程の利便性が少ないのでこの武装はあまり使用されない可能性もあります。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

ターンXが後方支援をしている場合とか、中距離での戦闘では使われることもあるかも。こちらがオーバーヒート時の着地には刺さりやすいよ。BD管理に注意しよう。

レイダーガンダムでの対策
  • 基本的に慣性移動で回避すること
    近距離でも横移動に刺さることが少ないので慣性移動での回避がしやすい。シールド防御やレイダーガンダムの後格闘でも防ぐこと自体は可能ではあるが、緊急的な手段として考えておくだけでOK。

格闘CS:武装切替

足を止めずに武装を切り替えます。切り替える武装は「バズーカ」と「ビームライフル」で、サブ射撃の武装が切り替わります。

格闘CSなので様々な行動からキャンセルして出せます。それだけでなく技発動時に硬直を無しで落下するので、降りテクとしても使えます。

共通の特徴
  • 足を止めずに武装を切り替える
  • チャージ時間は2秒
  • 慣性が付いたまま落下する

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

レバー入れ特殊格闘の移動と組み合わせると驚異のスピードで移動が可能だよ。この武装を使ったテクニックはターンXではかなり強力な武装だと思う。

レイダーガンダムでの対策
  • 逃げるターンXに対して無理に追いかけないこと
    緑ロック時のターンXはレバー横特殊格闘と格闘CSで簡単に距離を離すことが可能。レイダーガンダムの機動力ではすぐには追いかけられないので無理に追いかけないようにすること。
  • ターンXの特殊格闘との組み合わせは強力だが、弱点もある
    ロングレンジとなる遠距離武装はターンXには無い。距離が離れても慌て無いようにすること。近距離戦でもこの武装を使った降りテクは、格闘ボタンをホールドするので格闘やサブ射撃が出せないことがあり、こちらの牽制回数を増やせば勝てる可能性は十分ある。

特殊射撃:分離攻撃【一斉射撃】/【オールレンジ攻撃】

ターンXの機体のパーツが分離して攻撃を仕掛けます。ファンネルような武装であり、ビーム射撃や突撃を行います。分離中はターンXの頭部と体のみに当たり判定が付くので、ダメージを与え辛くなります。

レバー入力の有無によって2種類の攻撃パターンを切り替えられます。

共通の特徴
  • 装填数は1発、リロード時間は5秒
  • 分離中はターンXの当たり判定が小さくなる
  • 分離中はターンXの機動性能が低くなる

レバーN特殊射撃:分離攻撃【一斉射撃】

分離したパーツがターンXの周囲に移動して個々にビームを発射します。技発動時に誘導を切る効果と慣性に乗るので回避行動として優秀です。

ビームは順番に発射され、計5発のビームを発射します。上下への射角も広いので上昇に引っ掛けられることがあります。高飛びは注意が必要です。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

射撃を避けながら攻撃できる点は強い、けど各パーツからのビーム攻撃は横移動で回避しやすいよ。

特徴
  • 技発動時にターンXの周囲にパーツが移動、順々にビームを5回発射
  • 銃口補正は上下には強め
  • 分離した際に誘導切りがある
  • 慣性に乗りながら技を発動可能

レイダーガンダムでの対策
  • 分離行動へはマシンガン武装で対応は可能
    レイダーガンダムのメイン射撃は連続攻撃が可能なマシンガン武装、分離されてしまい弾を避けられてしまってもよろけを誘発させやすい。
  • 各種パーツのビームは慣性移動で回避すること
    上下移動の高飛びで逃げる行動は銃口補正の強さから刺さりやすい厳禁。逃げるにしても横への移動で回避すると良い。MA形態でも垂直方向であれば回避可能。
  • レイダーガンダムの後格闘で接近しながらの防御戦法は有効
    各パーツからのビームを防ぎつつ接近が可能。射撃シールドのタイミングが遅れてしまうとダメージを受けてしまうので注意。

レバーN特殊射撃:分離攻撃【オールレンジ攻撃】

発動時にパーツを相手に飛ばします。初段をヒットしたかどうかで攻撃パターンが変化します。弾速は早いので着地に刺さることもありますが、銃口補正はそこまでではないので慣性移動での回避が可能です。

ヒットしなかった場合は相手の周囲に移動してビームを発射します。ヒットした場合、相手を打ち上げて全パーツからビームを同時に射撃します。このビーム発射前に格闘派生があり、パーツが順番に突撃して攻撃します。

尚、BDを行うとすべてのパーツを回収するので攻撃が中断されます。

特徴
  • 発動時に相手に向かって全パーツを発射
  • 初段のみロックオンしている機体の正面に向かって体当たり
  • 初段のヒット時と非ヒット時で攻撃パターンが切り替わる
  • 初段ヒット時:
    • 全パーツから一斉にビームを発射(フルヒットで強制ダウン)
    • 格闘派生で全パーツが順番に体当たり(最終段は打ち上げダウン)
    • ダメージは170 ~ 180程度
  • 初段非ヒット時:
    • ロックオンしている機体の周囲にパーツが配置され、それぞれビームを発射
    • ダメージは120程度
  • ビームは射撃属性、体当たりは格闘属性

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

パーツの判定は格闘の判定っぽく見えるけど、実際には射撃判定だよ!

射撃シールドを持つ武装なら防げるから覚えておこう。

レイダーガンダムでの対策
  • 初段のパーツを回避できるかどうかが重要
    初段のヒット状況によって攻撃パターンが変化する。非ヒット時であれば全てを回避することも可能なのでターンXから垂直方向に移動して回避すると良い。
  • レイダーガンダムの後格闘を使う際は注意すること
    初段のパーツ突撃は格闘属性なのでレイダーガンダムの後格闘では防げない。防ぐ場合はシールド防御となるが、防御成功時の硬直があるので可能な限り慣性移動などで回避すること。

後格闘:ワイヤークロー

正面にワイヤーを伸ばし、ヒットした相手を引き寄せます。専用格闘や各種格闘、射撃などに移行することが可能となっており、状況にあわせて技を切り替えられます。

近距離戦では攻撃択の一つとして使われることが多く、特にこちらが強判定の格闘を持っているとそれに勝つための手段として使用されることがよく見られます。

特徴
  • 正面にワイヤーを前方に発射
  • ヒットすると相手を手前に引き寄せる
  • 引き寄せた後はメイン射撃、サブ射撃、各種特殊格闘に移行が可能
  • 慣性が乗りやすく、発生も早め
  • ステップでキャンセルが可能

後ステップと合わせることで後退しながら攻撃が可能です。発生も早いので着地に刺されることも近距離戦ではあり得ます。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

迎撃手段としてかなり優秀だよ。こちらが仕掛ける際は注意したいところ。

レイダーガンダムでの対策
  • 攻め込む際は正面は厳禁、周りこむような移動で接近すること
    ターンXへ接近中、ターンXの移動方向によってはこちらの移動方向と軸が合ってしまう場合があり、正面方向への移動になってしまうことがある。垂直方向へ移動するかステップで対応すること。
  • レイダーガンダムの後格闘は有効、攻め込むチャンスを掴める可能性はある
    ワイヤークローは射撃属性のため、後格闘で防ぐことが可能。近距離戦での選択肢として使えるが、後ろ格闘はバズーカには弱いので読まれないように注意。

特殊格闘:シャイニングフィンガー

レバー方向によって3種類の攻撃パターンを切り替えることが可能です。攻撃パターンには変則移動をするものがあり、途中でキャンセルすることで移動技として機能させることができます。

特徴
  • レバーN特殊格闘の場合:
    • 通常格闘のように追尾して掴み攻撃
    • 移動速度は遅く、追尾や判定は弱い
    • ダメージが高い
  • レバー上下特殊格闘の場合:
    • 技発動時に急上昇し、正面にフィンガーを照射しながら突撃
    • ヒットすると砂埃ダウン
    • ヒット時、後格闘にキャンセル可能
  • レバー左右特殊格闘の場合:
    • 入力した方向へ急速移動し、フィンガーを照射
    • 移動速度がかなり速く、戦線離脱が容易
    • BD消費量が激しい

どのパターンも最後に格闘攻撃を行いますが、レバー入れの場合は攻撃判定が強力です。反応が遅いとこちらの攻撃が潰されてしまう危険性があります。

移動量も大きいので逃げる時ににも強力です。反面、BDの消費量が大きいので着地を狙いやすくなるはず。逃げられても赤ロックの範囲になるようになるべく近づくと良さそうです。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

上昇、は移動量が大きいし、至近距離では真上を取られてしまうよ。起き攻めによく使われるパターンだから、慌てずにシールド防御やステップで回避しよう。

レイダーガンダムでの対策
  • ターンXの向きに注意し、攻めと逃げにあわせてこちらは動くこと
    技発動時に自機に向かって移動してきた場合は格闘攻撃に刺さる危険性がある。近づいてきたら射撃での迎撃を推奨。一方でこちらに向かわず、距離を離すように逃げる場合は着地を狙えるように赤ロック圏内に移動すると良い。
  • レイダーガンダムの後格闘ではなく、射撃やシールド防御で対応しよう
    格闘迎撃に優秀な後格闘ではあるもののターンX側の格闘判定が前方に出ている為、潰されてしまう危険性が高い。素直にシールド防御を使ったり、射撃での迎撃をして対処すること。

強力な行動と対策方法 まとめ

ターンXの強行動リストを一覧化すると、

  • サブ射撃のバズーカや格闘CSの武装切り替えでの降りテク
  • レバー入れ特殊格闘を使った強襲、逃げ
  • 射撃CSを使った広範囲射撃での牽制
  • 特殊射撃の分離攻撃を使った近距離でのヒットアンドアウェイ戦法

豊富な種類の射撃武装や押し付けに強力な格闘武装もあるターンX。自身の足回りをカバーできる降りテクがあったり移動速度が速い特殊移動もある為、ターンXは得意の近距離戦に持ち込むための距離調整が可能です。特に高速移動しながら接近するレバー左右特殊格闘は、距離を離す場合にも使えるので簡単には捉えられない場合もあります。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

移動速度の速いレバー入れ特殊格闘を使った移動や分離攻撃での迎撃と、とにかく近距離戦はターンX側の選択肢が豊富だよ。

強行動への対策
  • 降りテクでの着地は基本使われることを想定し、攻撃はワンテンポ遅く狙うこと
    「レバー入れ特殊格闘 → 格闘CS」や「振り向きメイン射撃 → サブ射撃」など、あらゆる場面で降りテクが使われやすい。着地を狙うなら降りテク後を狙うようにタイミングを少し遅らせ、近距離戦で戦うことでヒット率を上げられるはず。ただし、ターンXの武装に引っかからないように回避することも忘れずに
  • レバー入れ特殊格闘には迎撃よりも回避で、慌てずに対処すること
    ターンXの攻撃発生まで時間がかかる為、移動中に攻撃するかステップでの回避することでやり過ごせるはず。どのパターンも攻撃判定が出てしまうと、レイダーガンダムの武装では対処ができない。危険だと感じたら迷わずにシールド防御が無難である。
  • 近距離戦では脚部メガ粒子砲に引っかかりやすい
    横判定に広い脚部メガ粒子砲は着地取りに強力、起き攻めやカットにも被弾しやすい。簡単にダウンを取られてしまうので片追いの状況になりやすい為、戦況を悪くしてしまう危険性がある。回避は水平移動ではなく、高さを付けた移動をすると回避しやすい。
  • 分離攻撃は自衛として、アンカーもあることを忘れずに
    攻め込む際は分離攻撃やアンカーに注意すること。どちらも迎撃武装として優秀で反撃を受けてしまうこともある。格闘よりも射撃で攻める方がリスクが小さく抑えられて無難。

攻撃タイミングはどこ?

ターンXは降りテクや変則的な移動で立ち回る場合が多いものの、ダメージを与えられるタイミングが無い訳ではありません。射撃CSや後格闘は足が止まったり、レバー入れ特殊格闘は判定が出るまで発生が遅いので迎撃が可能です。

ターンXの分離攻撃は自身の当たり判定を小さくするので自衛力があり、攻撃もするのでこちらは回避を強いられてしまいます。が、パーツからの攻撃を回避しながら攻撃できれば反撃が可能です。ターンX側はパーツの回収に時間がかかったりキャンセルが早すぎると攻撃せずに回収となる為、すぐにはキャンセルしない傾向が多いです。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

ダメージを与えるタイミングはあらゆるところにある感じ。着地を無理に狙わなくても射撃の硬直や分離攻撃中を狙ったりしてダメージを与えていこう。

攻撃タイミングのポイント
  • ターンXの射撃CSに引っかけてダメージを与える
    ターンX側が起き攻めする際は射撃CSで攻撃する場合が多い。こちらの起き上がりに引っかけてくる時に、レイダーガンダムの特殊射撃で打ち消して反撃したり、距離が近ければ特殊格闘や後格闘で潰してしまうということも有効。
  • 降りテクにはワンテンポ遅らせて攻撃すること
    近距離で射撃戦をしているとかなりの頻度でバズーカや武装切り替えでの降りテクを使われる場合が多い。近距離戦を維持してレイダーガンダムのメイン射撃で牽制し、特殊射撃のハンマーで着地硬直を狙うといった戦い方が有効。
  • ターンXの格闘は迎撃でダメージを与えるチャンス
    ターンXのレバー入れ特殊格闘は判定が強いものの、それ以外ならレイダーガンダムの後格闘や特殊格闘で潰すことが可能。ひっかけられれば大ダメージコンボへ繋げられる。
  • 分離攻撃中はダメージを与えるチャンスにもなる
    ターンXの当たり判定が小さくなる分離攻撃はこちらの攻撃を回避されやすいものの、BDキャンセルをやりずらい(パーツが回収される)といった行動に制限がかかりやすい為、こちらが攻め込むチャンスでもある。高飛びで逃げる場合はレイダーガンダムの特殊射撃を引っ掛けて大ダメージを狙うと良い。

ターンX まとめ

今回はターンXについて解説していきました。豊富な射撃と優秀な移動技を駆使して駆け回る万能機で、自衛や攻め込みも出来る高コスト機体でしたね。

振り向きメイン射撃からサブ射撃での「射撃 + 落下」は優秀な着地ずらしを駆使されると、うまく着地を捉えられない場合が多いと思います。着地狙うダメージを与えるなら近距離戦を仕掛ける必要があります。

とはいえ、射撃硬直のある射撃CSや分離攻撃中ならダメージを与えられる場合もあるので無理に着地だけを狙わなくてもチャンスはあります。

黒樢ゆかり
黒樢ゆかり

ターンXの格闘攻撃はレイダーガンダムの武装で潰せる場合が多いよ。攻め込まれても後格闘やメイン射撃で迎撃をしっかりとやってダメージを与えていこう!

ターンXは近距離戦が得意なので、相手をしていると自然とレイダーガンダムの戦術が通用する距離にいるはずです。

BD量や移動速度はコスト差があるものの、レイダーガンダムの後格闘や特殊射撃で十分戦えるはず。迎撃や硬直を取っていきましょう。

それでは!健闘を期待します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました