【2020最新版】いろんなマウスをまとめてみた!【マウス特集】

マウス
黒斗
黒斗

こんにちは!今回はPCには必須アイテムとなるマウスについて紹介していくよ。

有線・無線であったり、トラックボールを操作する特殊なものなど種類が多くてビックリ。また、メーカーごとにまとめて、それぞれ紹介していくよ

有線・無線で選ぶ

有線タイプ・無線タイプとあり、それぞれ特徴がありますが、高価なものやゲーミングマウスなどはどちらも対応しているものもあります

有線タイプ

コスパが良好で断線が無ければ、通信遅延などの心配は無用なのが特徴的。
有線でのメリットはこのようになります。

メリット
  • 電力供給の心配をしなくてよい(バッテリー切れ、電池切れ)
  • 通信の信頼性は確実
  • 無線通信タイプのマウスよりも低価格な商品が多いのでコスパは良好

また、有線接続でのデメリットは以下となります。

デメリット
  • 線が邪魔になり、持ち運びが煩わしい
  • 断線してしまうリスクがある
  • 遠距離操作は無線通信タイプの方が長い

無線タイプ

bluetooth赤外線通信と2種類の接続方法があります。
最近のものはドライバインストールが不要でセットアップも簡単なので、準備に関しては有線タイプとほぼ同じような感じに使用可能かと思います。

ワイヤレス接続タイプでまとめた記事がありますので、参考にして頂けたらと思います。

通常のマウスとは異なったタイプ

通常のマウスのような動作とは違い、トラックボールを指で動かすして操作するものもあります。マウス自体を動かさない & 指での操作の為、手首への負荷軽減になるといったメリットがあります。

メーカーの特徴

Logicool(ロジクール)

有線と無線、トラックボールやゲーミングマウスまで幅広いジャンルを出していますが、無線通信では独自の通信技術を使った製品が多いです。また、最近では無線マウスが多くなってきており、デザインもシンプルな形が多いのも特徴的です。

特徴
  • あらゆるマウスを製造している為、幅広く選択可能
  • 無線通信タイプは独自の通信技術を使用した商品があり、品質が高い
  • 価格相場は ¥2,000 ~ ¥20,000 程度

ELECOM(エレコム)

マウス以外にもPCツールで有名なエレコムさんですが、とにかくコスパに優れた商品が多いです。こちらも有線や無線、トラックボールやゲーミングマウスもあり幅広いです。購入の際にお値段を抑えたいという方にはオススメのメーカーかと思います。

特徴
  • 値段設定が低めでコスパが優秀
  • 有線、無線だけでなくトラックボールやゲーミングマウスも商品として販売している
  • マウス以外のPCツールが多く、実績のある信頼性を持つ
  • 価格相場は ¥1,000 ~ 10,000 程度

kensington(ケンジントン)

トラックボールが主に製造されています。その為、トラックボールタイプのマウスであればこちらのメーカーを注目すると良いかと思います。

特徴
  • トラックボールタイプのマウスを多く扱っている
  • 低価格 〜 高価格のものまで、値段設定は幅広が機能も充実
  • 価格相場は ¥4,000 ~ 10,000 程度

BUFFALO(バッファロー)

エレコムと同じく幅広いジャンルの商品を扱っているバッファローですが、マウスに関してはコスパ重視の商品が多い。有線や無線の幅は広いがマイナーなトラックボールやゲーミングマウスのようなものは無い。また、高性能で高価格といったものも殆どなく、低価格でシンプルなマウスが多い

特徴
  • 低価格でシンプルなマウスが多い
  • PCツールの種類はエレコムと並んで多く、実績のある信頼性を持つ
  • 価格相場は ¥1000 ~ ¥4000 程度

Microsoft(マイクロソフト)

Windowsで有名なMicrosoftですが、こちらもシンプルなものが多くコスパも良好です。有線、無線とどちらのタイプもありますが、最近では無線タイプが多いようです。

特徴
  • 低価格でコスパは良好な商品は多い
  • 信頼の実績があるメーカーなので安心
  • 価格相場は¥1,000 ~ 10,000 程度

それぞれのメーカーの特徴を羅列していきましたが、まとめると

メーカーの特徴:まとめ
  • コスパ重視、シンプルな形状:ELECOM、BUFFALO、Microsoft あたりがオススメ!
  • 通信周りの信頼性:Logicool がオススメ!
  • トラックボールタイプが気になる:Kensington がオススメ!

こんな感じになるかなと思います。

ゲーマー向けマウス

eスポーツ向けのマウスとして開発されているマウスもあります。「通称:ゲーミングマウス」といわれおり、通常のマウス操作とは格段に違ったより繊細な設定ができるようになっていたりします。
また、長期間での操作にも対応できるように負荷軽減の考慮もされているものが多いです。

詳しくは以下の記事を読んで頂ければと思います。

マウス選別のまとめ

いかがでしたか?メーカーごとの紹介や様々なマウスをご紹介させていただきましたが、最後に簡単にまとめていこうと思います。

  • 有線、無線のマウスや特殊なマウス、ゲーマー向けについて
    • それぞれの特集記事を参考に
  • メーカーの特徴
    • Logicool通信関係で気になる方はオススメ!
    • ELECOMコスパが優秀で幅広く揃っている!
    • Kensingtonトラックボールならここ!
    • BUFFALOコスパ重視、低価格の商品が多い!
    • Microsoftシンプルな形状、コスパ良好な商品が多い!

PCでの作業には必須と言っても過言ではないマウスですが使用用途やデザイン性など、現代では多種多様でとてつもない種類の数となっていますので、選ぶ際に目移りしてしまうかもしれないですね。自分の使用用途に合ったマウス選びの参考にして頂けれたら幸いです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました