有線タイプのヘッドホンまとめ&オススメ

ヘッドフォン
黒斗
黒斗

こんにちは!今回は有線タイプのヘッドホンについてまとめてみたよ。特徴や開放型や密閉型など、それぞれ紹介しつつ、使用用途にあわせたオススメなものを紹介していくので、気になったらチェックしてみてね。

この記事を見るとこんなことがわかる!
  • 有線タイプのヘッドホンの特徴や注意点について
  • ヘッドホンの開放型と密閉型について
  • 使用用途にあったオススメヘッドホンについて

有線タイプのヘッドホンの特徴や注意点

有線タイプのヘッドホンは様々な特徴が考えられます。例えば、無線タイプと違いコードがあるので入力遅延がまず無いこと。だったり…他にもたくさん考えられます。

それぞれまとめてみると…

有線タイプのヘッドホンの特徴
  • コード付きなので入出力の遅延がない
  • 電源はコードから供給される為、電池切れになる心配はない
  • 無線タイプよりも費用に対するコストポフォーマンスは優秀

有線タイプのヘッドホン注意点
  • 有線タイプなのでコードが煩わしい(持ち運び、装着中に気になる、など)
  • 断線に注意する必要がある
  • 接続形式により使用できる機器が限られる

上記のような特徴や注意点があるかと思います。

接続形式はUSB端子や3.5mmジャックを搭載していれば、大体のもので使用可能かと思います。

開放型と密閉型について

ヘッドホンには自然のような音で聴く開放型遮音性の高さにより没入感を増幅させる密閉型があります。

それぞれの特徴をまとめると…

開放型
  • 周りの音も合わせて聴くことが可能
  • スピーカーで聴くような感覚で、広がっていくような音を楽しめる
  • 音が籠りにくいので、音漏れしやすい

密閉型
  • 遮音性が高い為、周りの音を気にせずに聴くことが可能
  • 没入感があり、迫力のある音楽を楽しめる
  • 音漏れが低減されている

どちらも性質が違うので使用用途に合わせて使えると良いと思います。

使用用途によるオススメヘッドホン

どのような場所や機器に対して使用されるかどうかで、どのヘッドホンが最適なのかをまとめていこうと思います。

通勤や通学で使用

スマホを音楽プレーヤー代わりにされている方なら外への持ち運びで使用される方もいるのでは無いでしょうか。無線ではないのでコードが煩わしいかもしれませんが、断線やスマホのバッテリーが切れない限り使い続けることができるのが強みです。

持ち運びに便利でコンパクトなイヤホンタイプもありますが、よりダイナミックな迫力のある音楽を聴けるのがヘッドホンタイプの魅力になります。

特徴
  • 開放型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 音の抜けを重視したハウシング構造により、開放感のあるサウンド体験が可能
  • 軽量ボディと疲れにくい柔軟性のあるヘッドバンドで長時間でも疲れづらい
  • コストパフォーマンスは優秀
特徴
  • 開放型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • フリーアジャストヘッドサポートを搭載、簡単装着で最適なフィット感
  • 大口径φ53㎜CCAWボビン巻きドライバーを搭載、臨場感溢れたサウンドを体験可能
  • コストパフォーマンスは優秀

特徴
  • 開放型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 軽量ボディで長時間の装着でも疲れづらい
  • 大口径50mmのドライバーユニットを搭載、ダイナミックなサウンドを体験可能
  • 低音だけでなく、中音や高音と解像度の高く広い音を聴ける
  • 機能の割りにコスパは優秀

家での使用

家での使用といっても様々だと思います。音楽を聴いたり、動画を見たり、ゲームをしたり…などの際にヘッドホンを使用して臨場感のある音を聴くことができるのは最大の魅力です。

最近はamazonPrimeなどの定額動画やYouTubeなどの動画など、動画を視聴しやすい環境が整いやすくなってきている中、家での使用頻度はかなり高いかと思います。

何より周りを気にせずにより没入感を増すことができるなら、密閉型がオススメです。

特徴
  • 密閉型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 高性能50mm径のドライバーを搭載、自然で伸びやかな中高域や力強い低音も楽しめる
  • 柔軟性と通気性に優れ、密閉度も遮音性も高く長時間の使用にも対応
  • 折りたたみ式なので持ち運びの際に便利(専用ポーチあり)
特徴
  • 密閉型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 音の位置やバランスが把握しやすく、空間表現に優れている
  • 低音から高音まで、とてもクリアなサウンドを楽しむことが可能
  • 優れた装着感と遮音性による音漏れ防止性能は優秀
  • 折りたたみ式なので持ち運びの際に便利
特徴
  • 密閉型ヘッドホン
  • 6.35mmと3.5mmジャックを搭載しているので、PCやスマホなどで使用可能
  • 大口径“φ50mm高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載
    臨場感溢れるサウンドを楽しむことが可能
  • ソフトレザーイヤーパッドで長時間装着していても快適に過ごすことが可能
  • 密閉型だけれども、広がったような音を聴くことが可能
  • 延長コード付き

有線ヘッドホンまとめ

いかがでしたか?

有線ヘッドホンでも密閉型や開放型で聴ける音の性質がかなり変わるので、聴く音楽にも合わせられるとヘッドホンの特徴が生かせるのではないかと思いますただし、どちらもデメリットを持ち合わせているので、使用する際は場所などに気をつけましょう

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました