【無線】ワイヤレスイヤホンのコスパ&おすすめ【厳選8選】

イヤホン
黒斗
黒斗

こんにちは!今回は無線タイプのイヤホン、ワイヤレスイヤホンをコストパフォーマンスを重点に置いておすすめしていくよ。最近はワイヤレスイヤホンの種類が多く、形も様々で選ぶのも目移りしてしまいそう…そんな中でも機能や性能などを兼ね備えつつ、できるだけ費用を押さえたワイヤレスイヤホンを紹介していくよ!

この記事を見るとわかるコト!
  • ワイヤレスイヤホンの特徴や機能について
  • コストパフォーマンスに優れたイヤホンを知れる

ワイヤレスイヤホンとは?

先に現在のワイヤレスイヤホンはどのようなものがあるのか、特徴や機能についてをまとめていこうと思います。

特にワイヤレス、bluetooth接続が主流ですが、一昔前のタイプだと接続が不安定だったりと有線タイプよりも劣る内容が目立っていました。

ですが、最近のワイヤレスイヤホンであれば接続の安定性も性能がアップしていたりするので有線タイプにも負けないくらいの魅力が強くなってきたように思えます。

ワイヤレスイヤホンの特徴

特徴について
  • コードレスなので持ち運びが便利
  • bluetooth接続が主流なので、受信機が必要
  • 接続の安定性は有線タイプよりも衰えてしまうが、bluetoothのバージョンによってはかなり安定する
  • 有線タイプよりも費用が高め
  • バッテリーの持続時間に気をつける必要がある

先に特徴を箇条書きでまとめてみました。
有線タイプと比べると長所と短所がありますが、一昔前よりも性能が向上しているがはっきりわかるようになってきていると思います。(特にbluetoothバージョンアップによる接続の安定性)

ワイヤレスイヤホンの機能

機能についてはイヤホンそれぞれにもよってしまいますが、最近のタイプによくある機能についてをまとめていきます。

機能
  • ノイズキャンセリング搭載でクリアな音楽を聴ける
  • バッテリーの急速充電機能
  • 音楽の再生や早戻しや早送りなどのコントロール
  • 防水耐性を搭載
  • 複数台の端末への登録が可能
  • マイクを搭載し、通話が可能

上記のようにな機能があったりします。中でもおすすめなのは「複数台端末を登録可能」や運動時の汗や雨などにも耐性がある「防水耐性付き」、ワイヤレスイヤホンの宿命とも言えるバッテリー不足を少しでも補える「急速充電機能」も魅力的です。

コスパの良さについて

ワイヤレスイヤホンのコストパフォーマンスの良し悪しを考える場合、どのあたりを焦点に当てるべきか…以下にまとめていくと

コスパについて考える
  • 本体の価格
  • 機能数
  • 性能の高さ

かなり簡単にまとめてしまっていますが、この辺りに辿りつくのかなと思います。

特に「機能数」は使用される方の用途にあわせつつ、有用性があるものが前提として考たい所になってくると思います。

ワイヤレスイヤホンのコスパおすすめ一覧

特徴
  • USBケーブルなどで有名なAnker社製
  • ノイズキャンセリングを搭載し、通話が可能
  • 満充電で約7時間、付属のケースを利用すれば、約28時間の利用が可能
  • 完全独立型で装着時の負荷がほとんどなく、持ち運び性能も抜群
  • 費用は高めだが、機能や性能も見合っている
特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • ノイズリダクション機能で入出力ともにクリアな音声通話が可能
  • 完全独立型で装着時の負荷がほとんどなく、持ち運び性能も抜群
  • イヤホン本体は防水耐性を搭載
  • 連続使用は約4時間、付属ケースの充電をあわせれば約32時間まで使用可能
特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • ノイズリダクション技術を搭載、クリアな音声通話が可能
  • 完全独立型で装着時の負荷がほとんどなく、持ち運び性能も抜群
  • 連続使用は約6時間、付属ケースがバッテリー残量を表示して便利
特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • Hi-Fi高音質で音質性能も高め
  • 完全独立型、本体がかなり小さく、持ち運び性能も抜群
  • 連続使用は約5時間、付属ケースの使用で25時間まで使用が可能

特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • 6mm小型の音質増強の複合振動板により、全音域がバランスよく表現され、高音質
  • 完全独立型、本体がかなり小さく、持ち運び性能も抜群
  • 防水、防汗機能も備わっており、外での使用にも最適
  • 連続使用は約4時間、付属ケースの使用で20時間まで使用が可能
特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • CVC 8.0ノイズキャンセリングを搭載、クリアな音声通話が可能
  • マグネットが本体に搭載されており、簡単にまとめることが可能
  • 防水、防汗機能も備わっており、外での使用にも最適
  • 満充電で約8 ~ 10時間の連続再生が可能
  • リモコン付きで再生や停止、音量調整などが可能

特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • ノイズキャンセリング搭載でクリアな音声通話が可能
  • 急速充電に対応10分の充電で60分の連続再生が可能
    更に、満充電で最大約15時間の連続再生も可能
  • クリアな中高音とずっしりとした低音も聴ける高音質
  • 最大8台までのペアリンクが可能、必要用途に切り替えが可能
特徴
  • Bluetooth5.0を搭載、安定した接続が可能
  • CVC8.0ノイズキャンセリング搭載でクリアな音声通話が可能
  • 急速充電に対応10分の充電で60分の連続再生が可能
    更に、満充電で最大約15時間の連続再生も可能
  • クリアな中高音とずっしりとした低音も聴ける高音質
  • 最大2台までのペアリンクが可能、必要用途に切り替えが可能
  • 機能、性能の割りに低価格でコスパはかなり優秀

まとめ

いかがでしたか?

最近のワイヤレスイヤホンはコードレスな点や切り替えが簡単だったりと、有線タイプよりも使い勝手が向上しているように思えます。機能によっては有線タイプよりも重宝するようなものもあり、コスパ重視で考えてみるのも全然アリだと思います。

まだワイヤレスイヤホンを手にしたことがない方は、是非ともオススメしたいですね。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました